月別: 2017年3月

ほっとする居場所

初めての関東での生活。初めての親元を離れての生活。初めての結婚生活。
結婚して初めて尽くしのこの数か月は本当に何もかもが思い通りにいかず、気持ちがふさぎ込むこともしばしばでした。
元々家事やお料理はあまり得意ではなく、彼との結婚が決まってからも「本当に主婦業が務まるかしら。」と不安がかすめてばかりでした。
そんな感じでしたから、やはりお掃除やお料理もてきぱき上手にこなすことなどできず、旦那様がお休みの日に一緒に手伝ってくれたり、気が付いた時に黙って助けてくれることがよくありました。それを見ると「なんて自分は不甲斐ないんだろう、もっと女性らしい人と結婚した方が旦那様も幸せだったのではないかしら」としょんぼりしてしまっていました。
そんなわたしに気が付いた旦那様が、先日わたしに言ってくれた一言が、「そうだね、もし違う人と結婚していたらもっと美味しいご飯が食べられたかもしれないね。でも、こんなに楽しい毎日は君とではないと過ごせないよ。」
あぁ、わたしの居場所はここなんだ。この人の側が一番ほっとする場所だ。
体中の力が一気に抜けて、なんて素敵な人と巡り会えたのだろう、と幸せを感じました。

わたしのおとうさん

わたしが嫁いでから早いもので1年が経とうとしています。
北海道から関東に嫁ぐと決まった時、父は自分のことのように喜んでくれました。きっと寂しい気持ちもあったと思いますが、娘が幸せな人生を歩むことを誰よりも願ってくれていた父でした。結婚式でも終始ニコニコと本当に嬉しそうな顔で列席者の皆さんに挨拶をしていました。
そんな父でしたが、わたしが結婚してからというもの、あまり連絡をくれませんでした。しかし、母が事あるごとに送ってくれる荷物のあて名はいつも父の字。仕事で疲れて帰ってきてから荷物を出しに行ってくれるそうです。つい最近は、「そろそろ北海道のお米を送ってあげなさい」と母に催促していたそうです。
そんなささやかな父の気遣いを知って、わたしはおとうさんの娘で本当に幸せだな、と思いました。

初めての接客!副業アルバイトでの嬉しい一言

フルタイムの仕事をしていますが、未納分の税金を支払う為に、
フルタイムの仕事とは別に、夕方~夜24時まで体力重視の接客業のアルバイトを始めました。
正直、30代半ばの年齢で、大学生と一緒になって同じように働く事、フルタイムの仕事の後の接客業、
キツイ部分が多く、体力的にも精神的にも弱っていましたが、お金のために…ととにかくがむしゃらに頑張っていました。
そんな時、週一くらいで顔を見ていた年輩の御夫人のお客様が、『ここ、毎日来るには遠いのよね…』とぼやいていたので、
『元気な姿が見たいので、時々はいらしてください』と声を掛けると、
『当たり前じゃない、私はあなたの笑顔を見に来てるのよ』と、優しい粋な言葉をかけて頂いた事が、とっても嬉しかったです。

私の中の新しい命

彼と付き合い始めて半年、同棲をするようになったのが今年の3月で、同棲をし始めて1ヶ月後普段ほぼ予定通りに来ていた月経が来なかった。
私は『 あれ?月経なかなか来ないなぁ』と思いながら何日か過ごし、彼に「今回は月経が来ないのぉ、私また不順になっちゃったかなぁ」と話した。すると彼が、冗談なのか「子どもでもできたかなぁ(笑)」などと言うので、まさかぁと思いながら昔不順になった時に買ってあった市販の検査薬を試してみることにした。するとなんと、陽性反応が!私はビックリし、信じられなくて後日もう1度市販の検査薬を買い試してみたところやはり陽性!『 あ!ほんとに子どもできてた!(笑)』と思い、その日の夜、彼の帰りを待ち報告、すると彼は「マジか!!やったね!」と喜んでくれた。ほんとに嬉しかった。
数日後、検査薬をしたとはいえしっかりと病院で検査してもらおうと産婦人科へ、そこでお医者さんから「おめでとうございます!」と赤ちゃんのエコー画像を見せてもらった。人生初のエコー画像、ほんとに小さくではあったがしっかりと影が写っていた。
夜帰宅した彼に、その事を報告すると彼も喜んでくれ、私はからの腕の中で泣いてしまった(笑)

これが、私の最近の1番嬉しかった事♪